DM印刷を有効活用するための三要素

DMを活用して販促効果を得るためには満たさなければならない要素が三つあります。最低限クリアしなければならないポイントとして押さえられているかは注意しておきましょう。さらに上乗せができると効果は更に高められます。

DM印刷のターゲットの選定

DMは無作為に発送してしまっても費用対効果は高くなりません。手元に届いたらよく見ないで捨ててしまい人も多く、そのような人を相手に送っても費用がかかるだけになってしまいます。商品に応じてターゲットをまず選定することが第一条件になります。どのような市場に売りに出すかを考えて、潜在顧客の年齢層や性別、職業などを選び出すことが重要です。顧客リストの中から該当する人だけをピックアップして送付すれば費用を削減しつつ、販促効果を高めることができます。過去の購入履歴も参考になる情報なので顧客の選定に活用すると良いでしょう。そのニーズに合わせてDMを印刷して送付することになるので、ターゲットが決まらなければ始まりません。

オファーをかけるタイミングの決定

ターゲットが決まったときに重要になるのがDMを送るタイミングです。商品によってオファーをかけるタイミングを適切に選ばなければ魅力を感じてもらえないでしょう。新商品ができたときはオファーをかけるのに適していますが、もし季節ものの商品なら必要になる季節の少し前をタイミングとして選んだ方が効果的に販促を行えます。市場に出してしまってからでもオファーをかけることは可能であり、イベントやキャンペーンなどの告知を行う方法があるでしょう。DM限定のものだという情報を伝えることによって購買を促すことができます。世の中で話題になり始めたときや、低迷し始めたときなどがこのようなオファーを出すのに適しているでしょう。

コピーライティングの活用

DM印刷で販促を行うために最低限必要な要素としてコピーライティングも忘れてはなりません。しっかりとした動機づけを行って興味を持って内容を読んでもらえるようにキャッチコピーを準備する必要があります。そして、内容を読んでもらってから購入に促すための魅力としてクーポンの付与なども検討し、最後に速やかに連絡を取れるようにQRコードなども付けておくと良いでしょう。自分だけのためのものであるという意図を伝えられるようにするために、冒頭では送り先の顧客の氏名を見やすく明記しておくのも大切です。それがきっかけで導入の動機づけのフレーズを読んでくれるようになることもあるので、万人に同じように送るDMにならないようにしましょう。