DM印刷に隠された三つのメリット

DMというのは、ダイレクトメールの略です。特定のターゲットの自宅に送付する手紙の形をした広告のことを指しています。ダイレクトメールは、ビジネスの現場で大活躍しています。この広告手法が持つ魅力を見ていきましょう。

狙ったターゲットに直接届けられるのがメリット

DM印刷のメリットは、特定のターゲットを狙い撃ちにできるところにあります。この人に商品を売りたいというときに有効に使える手段となります。何かしら手元に顧客データがあるなら、それを有効活用できるということですね。テレビCMや雑誌広告なら、誰が見ているかは基本的に分かりません。ですから、本当に届けたい人に広告を届けられているかも分からないのです。その点、ダイレクトメールは個人を狙い撃ちにして確実に広告を届けることができて便利です。特定の地域の人のみに情報を伝達するということもできます。たとえば個人商店が近隣住民にのみ広告を提供したいときにも便利に使えますね。ターゲットを明確にして狙い撃ちをすれば、効率は良くなるはずです。

DM印刷はコストが安いので弱小企業にでも使いやすい

ダイレクトメールは、とにかくコストが安いという点が魅力の一つになります。テレビCMでは数億円という費用がかかることも珍しくはありません。新聞広告でも、一面広告なら一千万円程度はかかってしまいます。DM印刷は、数十万円でも十分な効果を発揮させられます。もちろん、どの程度の数を送付するか、はがきタイプか封書タイプかでも値段は変わってきます。しかし、一通あたり数十円で済ませられるので、一万戸に送ったとしても数十万円です。大量に送ってもそうコストが大きくならない点が素晴らしいですね。これなら弱小企業で広告費に予算が回せない場合にも選択肢の一つにできます。はがきタイプなら安いので個人での利用も可能でしょう。

込められる情報量は意外に多い

DMと言っても、種類は様々です。はがきタイプのものが人気ですが、封書タイプのものにすれば、かなりの量の情報を込めることができます。中にA4の用紙を何枚も封入することができますし、その情報量は雑誌広告等の比ではありません。これだけの情報量を込められる広告媒体というのは、実はそう多くはないのです。自社商品について詳しく知ってもらいたい場合には、これほど優れた手法もないぐらいです。確かに読まれずに捨てられてしまうこともなくはないですが、そこはデザインに工夫をするなどしてカバーするしかありません。最近ははがきタイプでも情報量を多くできるようになっています。Z折りタイプのものなら、最大6面使えるわけですからなかなかの情報量になります。